三線販売|沖縄三線 和於屋(waoya・わおや)

大阪、京都、滋賀、福井、奈良など近畿・関西の三線専門店 三線の下取り・買取り実施中です。

岸本直登作 ゆし木 真壁 蛇皮強化張り

¥ 60,500 税込

商品コード: myb-10356YMK-055

数量

暖かく、穏やかな音色のゆし木です。
強化張りですが、ポリエステル弦の効果で蛇皮本張りに近い音色になります。


ご希望胴巻をお選び下さい。

岸本直登作 ゆし木 真壁 蛇皮強化張り


ゆし木は「イスノキ」とよばれ、以前は入門用三線の材として使われていた。また、王朝時代、開鐘三線といわれる音色の素晴らしい三線の殆どは黒木材で製作されていた。その中で富盛開鐘(とむーいけーじょー)だけはゆし木が使われていた。明治に入り一般大衆が三線を弾けるようになって以降、ゆし木は棹材としてポピュラーな存在だった。防風林などに使われ、どこにでも生息し、入手しやすかったが、今から約30数年前に沖縄県の黒木とともに伐採禁止とってしまった。
紫檀や縞黒檀のように伸びのある煌びやかな高音があるでなく、黒木のように重厚な中低音の響があるでもない。ハッキリしないボヤけた音色の三線とまで酷評する人もいる。しかし、不思議とゆし木は人気が高い。その訳は聴くとわかると思うが、素朴で暖かで、いつまでも弾いていられる飽きの来ない音色にあると思う。
また、黒木などの音色とは全く異なるので、黒木三線を持っていて、次の三線と考えたときにゆし木を選択する方が多い。
この棹は岸本尚登氏の製作。当店ではおなじみの職人でクオリティーの高さには定評がある。
胴は強化張りで、ポリエステル弦を張っている。音色があたたかく、ゆし木との相性が本当に良いと思う。ゆし木三線らしく、素朴で暖かい音色で非常によく響く

このページの最下方にこの三線の音色が聞けるようにしましたので、お試しください。

 

和於屋:長村

真壁型三線真壁型側面
三線の音色を聴く

三線の仕様
真壁型の説明を見る 棹の材質 ゆし木
皮の張り 蛇皮強化張り 塗り スンチ
カラクイ 黒檀 作者 岸本尚登
付属品 水牛製バチ / ウマ(黒檀1・竹1) / 予備弦3本セット1

真壁型天正面真壁型天側面

真壁スンチ真壁型天裏

野坂

心

真壁上方から全体

三線の音色を聴く

25,000円以上の購入で
配送料無料

一部地域は除く